第100回全国高校野球選手権記念大会は今日20日、準決勝2試合が甲子園で行われる。

 大阪桐蔭(北大阪)・藤原恭大外野手(3年)が、済美の鉄腕・山口直攻略へ意気込んだ。19日、大阪・大東市内の同校グラウンドで、フリー打撃やシート打撃などで約3時間汗を流すと、言い切った。「相手の一番いい球を1球で仕留める。チェンジアップを狙っていきたい。山口君を崩したい」。前日の準々決勝では、浦和学院・渡辺勇太朗投手(3年)の勝負球・内角直球を狙って打ち砕き、今大会2度目の根尾昂内野手(3年)とのアベック弾も決めた。藤原は「僕たち2人が打てばチームが乗れる。それが結果的にホームランになればうれしい」と2戦連続アベック弾で、春夏連覇へ王手をかける。