新たに大谷を取り巻く選手たちの妻もさまざまだ。大谷翔平投手(29)がドジャースに移籍。

日本ではまず、背番号17を譲ってもらったジョー・ケリー投手の妻、アシュリーさんが注目された。軽快な音楽つきで、インスタグラムに快く背番号を譲渡を歓迎する動画をアップ。さらに、お礼の品として高級スポーツカーのポルシェを贈られ、こちらを受け取る際の動画も話題となった。

今回、紹介したいのは、大谷と打順が並ぶであろうMVPトリオの1人、フレディ・フリーマン内野手(34)の妻、チェルシーさんだ。14年に結婚し、3男をもうけている。

この方、なかなか行動力がある。昨年、大谷がドジャースと契約すると、自らが運営するネットショップ「チェルシー・フリーマンコレクション」で、すかさず「★SHO-TIME★」Tシャツを発売。さらにベッツ、フリーマン、大谷の3人が並んで描かれた「THE BIG 3」Tシャツとトレーナーを発売した。

これだけにとどまらなかった。オリックスからポスティング申請した山本由伸投手(25)がドジャースと契約すると、先のMVPトリオに山本を加えたTシャツとトレーナーを販売開始した。日米で注目を集める商機を逃さず、迅速に商品ラインアップを展開したのだ。

1月には、米メディアからも注目を集めた。ゴールデングローブ賞の授賞式に夫とともに登場。米で最も人気がある歌手テイラー・スウィフトが、会場で撮影した写真の後ろでチェルシーさんの後ろ姿が映り込んでいたのだ。インスタグラムに「みんな…これが私の後ろの頭です。私たちはテイラーとセレーナ(ゴメス)から6フィート離れて座っていましたが、写真をお願いするのが恥ずかしかった。彼女たちは実際に美しかった」と投稿した。ここでは、いつもの行動力を示さなかった。

米大リーグでは、チャリティーなどで、選手の妻たちが前面に立つことも多い。セレブ妻たちの行動に注目していくと、メジャーがより楽しめそうだ。【斎藤直樹】(ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「斎藤直樹のメジャーよもやま話」)

ドジャースの一塁手・フリーマンと言葉を交わすエンゼルス時代の大谷翔平(中央)(2023年7月8日撮影)
ドジャースの一塁手・フリーマンと言葉を交わすエンゼルス時代の大谷翔平(中央)(2023年7月8日撮影)