巨人岸田行倫捕手が18日、神奈川・横浜市の慶大グラウンドで自主トレを公開した。

岡本、山本、和田とともに練習に励んだ。岡本とは高校3年時にU18日本代表で3、4番を形成。ドラフト1位の高橋を含め、同学年は3人のみということもあり「(岡本は)話を聞きやすい存在ですし、いろいろ細かく教えてもらっています。去年はなかなか話をできる時間もなかったので」と貴重な時間を過ごしている。

4番に座る同期からは「調子が悪い時に何をしたらいいか、感覚的なことも含めて勉強になります」と学びを得た。昨季は故障の影響もあり、ファーム暮らしが続いた。今季は西武からFAで炭谷が加入し、4年ぶりに阿部も捕手へ復帰する。小林、大城らを含めた厳しい争いに「年が一番若いので元気だったり、全てにおいて目立たないといけない。2月3日の実戦でも目立っていくという気持ちを持ってやっていきたい」と覚悟を示した。