イチロー流トレ導入で開幕1軍だ。中日根尾昂内野手(19)が21日、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィング」での自主トレを公開。初動負荷トレーニングを開発した小山裕史代表(63)から直接指導を受けた。

同施設は、昨年現役を引退したイチロー氏(46=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が現役時代に初動負荷トレーニングを採り入れた場所。根尾は「同じ所、同じロケーションでできる。取り組まれたことに触れることができ、勉強になる」と初の“聖地”に感激。ひねり動作を入れたウエートトレーニングを行い、小山代表に打撃時の体の使い方などを教わった。「今まで持っていなかった取り組み方など、勉強になった。走る、投げる、打つにつながってくる」と成果に期待する。

小山代表も根尾に目を丸くした。前日、初対面した際に「投げる、打つ、守るの全てを磨きたいです」。20年前に同代表がイチロー氏から聞いたのと同じ言葉が、根尾から出てきた。「(根尾君は)非常に高いポテンシャルを持っている。関節などの動きの制限を2日間で解除できた。彼は順応性が高い。早くミスタードラゴンズになって欲しい」とエールを送った。

1年目はキャンプ前の故障で2軍スタート。シーズン最終の阪神2連戦(甲子園)で1軍デビューも2試合2打席2三振に終わった。今季は初の1軍キャンプからスタートする。「もっとうまくなりたい。アピールして去年できなかったことをやり返す。1軍の試合により多く出て、打って守る」。イチロー流の肉体改造で、初の開幕1軍を目指す。【伊東大介】

◆イチローとワールドウィング オリックス時代の99年オフから鳥取にあるワールドウィングの施設に通い、小山氏が発表した「初動負荷理論」に基づくトレーニングを継続。メジャー移籍後も自宅やキャンプ地などに同社の特殊マシンを設置してトレーニングを行っていた。ワールドウィングは中日山本昌ら野球選手だけでなく、サッカー三浦知良、陸上短距離の伊東浩司、マラソン有森裕子、プロゴルファー青木功ら多くのアスリートが通った。