阪神守護神ロベルト・スアレス投手が同点の9回を3人で締めた。

この日最速160キロの直球とチェンジアップで中日打線をねじ伏せた。「チームとして負けている展開から同点に追いついたし、しっかり抑えることができてよかったよ」。今季は2戦目の4月1日広島戦で1失点して以降、15試合連続無失点で防御率は0・53。頼もしい投球を続けている。

阪神ニュース一覧はこちら―>