阪神大山悠輔内野手(27)が初回に右翼線へ先制の適時二塁打を放った。

無死一、二塁で佐藤奨のチェンジアップを仕留めた。「ファウルになるかなと思ったが切れないでくれてよかった。やっぱり青柳さんが投げているので何とか点数を取ろうと」。初回の得点は21日巨人戦以来6戦ぶり。その後も打線がつながり、早々に青柳に3点をプレゼントした。

今季27打点はこの日2打点の佐藤輝と並びチームトップだ。前日27日は完全試合男の佐々木朗の前に3打席すべて三ゴロ。161キロの直球と高速フォークでねじ伏せられた。「昨日は昨日。今日は今日。自分のイメージをしっかり持ちながら臨んだ」。一夜明け、軟投派左腕の佐藤奨から3打席全出塁で2安打。初対戦の多い交流戦でここまで5試合中4試合で安打を放っているのは、この切り替えのうまさと準備力の成果だ。

【関連記事】阪神ニュース一覧