ヤクルトは25日に優勝を決め、スタメン野手を3人入れ替えたオーダーで臨んだ。ベテラン青木とサンタナを抹消し、山田もベンチスタート。チャンスを得て捕手で先発した内山壮が強肩をアピールしたほか、宮本には今季1号ソロが飛び出した。

高津監督は「少し調整の部分と、テストする部分と、いろんな意味合いのあるスタメンでしたね」と話し、試合は阪神に敗れた。

【関連記事】ヤクルトニュース一覧