広島益田武尚投手(25)が“オープン戦開幕投手”を託された。22日は休日返上で練習を行い、23日との中日とのオープン戦先発に備えた。

「投げ方も変えているので打者の反応を見たい。前回はフォークの練習をしたいと思っていっぱい投げた結果、ほかの球種が入らなかったので、その課題をつぶしてフォークをもう少しうまくコントロールできれば」

益田は昨秋キャンプから右腕をやや下げたフォームに変え、今キャンプでは初日から150キロを計測するなど仕上がりの良さをアピールしていた。今年初の対外試合登板となった17日のロッテとの練習試合では中継ぎで登板して2回無安打無失点。結果も残した。

首脳陣は先発と中継ぎともに適性があるとみており、チーム状況によっては開幕ローテ入りの可能性も否定しない。オープン戦初戦を任せることを決めた新井監督は「ブルペンでも実戦でもいい球を投げている。こちらはそういう評価をしています」と認める。

存在感を高める右腕は足もとを見つめ、チームの初陣に臨む。「どこでも行って、自分のポジションをつかんで行きたい。いろんなところで結果を出せるようにと思っています」。1年目の昨季は逃した開幕1軍入りしか見ていない。

【関連記事】広島ニュース一覧