中日に新加入した中田翔内野手(34=巨人)が、23日の広島とのオープン戦(北谷)に「4番一塁」で対外試合デビューする。立浪和義監督(54)が沖縄・北谷キャンプの全体練習を打ち上げた22日に「(中田は)明日は4番ファーストで行きます」と公表。打点王3度を誇る竜打線の主役が、打線の中心を託されて初陣に臨む。

中田本人がオープン戦初戦の出場を直訴した。2戦目の24日楽天戦(北谷)を想定していた立浪監督は「中田が明日(23日)から出ると言った。是非、是非って言ったらおかしいけど、その意気込みを買った」と舞台裏を明かした。

全体練習最終日のこの日、中田はノックやフリー打撃で汗を流し、グラウンドでの手締めに参加した。「予定通り守りに就く。シート打撃と変わらず積極的にやれたらいい。あとは、しょうもないケガをしなように」と引き締めた。

昨オフにオプトアウト権利を行使して巨人から移籍した。日本ハムを含めて3球団目で、春季キャンプは参加17年目。16日に腰の張りで練習を回避したが、すっかり元気はつらつ順調だ。「やりたいことはやれた。バットを振る量も思ったよりできた」。新天地でのキャンプ完走に充実の表情だ。

2年連続最下位からの巻き返しを期す立浪監督も、「今年は新しいメンバーが加わって(過去)2年間と違う雰囲気で活気のあるキャンプになった」と手応え。中日の下克上のけん引役として、会心のデビューを飾りたい。【伊東大介】

【関連記事】中日ニュース一覧