阪神のハビー・ゲラ投手(28)が初実戦で1回無安打1奪三振無失点と上々のデビューを果たした。一塁走者をけん制で刺す場面もあるなど、他球団のスコアラーも警戒感を強めた。

対外試合初登板に巨人中里スコアラーは「フォームも力感なくスムーズに投げているわりには軽く投げているように見えて球が速い。スライダーも速く曲がりますし、けん制でアウトを取るとか野手上がりで細かいプレーとかは上手。慣れてくればスピードも上がると思うし、精度も上がると思うのでいいピッチングだったと思います」と振り返った。

先頭の宇佐見に四球を出したが慌てることなく落ち着いた投球。「今日はランナー宇佐見でクイックして投げたりとか、今日のけん制とか見る限り、あまり問題はないのかなと思います。全然細かい技術も持っているし、日本の野球にもすんなり入ってこれる」と警戒した。

【関連記事】阪神ニュース一覧