横浜のドラフト2位ルーキー藤江均投手(23=東邦ガス)が肝っ玉投法で「久米島往復切符」を手中にした。18日のシート打撃に初登板、打者7人に対し、強気な内角攻めで1安打に抑えた。登板後、杉本投手コーチから楽天相手の練習試合(21日=久米島)先発を言い渡された。

 「お前、久米島へ旅行に連れて行ってやるといわれました」。藤江がこういって喜んだ。この日の22球が評価された。武山、大西には内角を攻め投ゴロ、遊ゴロに仕留めた。「内角攻め?

 普通ですよ。アピールの場ですから」と当然のように言い切った。大矢監督も「向こう気が強いね」というしかなかった。

 1位の松本啓二朗外野手(22=早大)は前日の練習試合に続いてこの日も2安打した。「啓二朗、いいですねえ。チーム内で新人王争いですか」。セリフまでも強気な藤江の楽天戦が注目される。

 [2009年2月19日7時27分

 紙面から]ソーシャルブックマーク