プロボクシンングWBOアジア・パシフィック・スーパーフライ級4位の梶颯(26=帝拳)が約1年4カ月ぶりにリングにカムバックする。2日、東京・後楽園ホールで開催されるWHO,S NEXT DYNAMIC GLOVE on U-NEXT特別版のセミファイナルで、21年全日本同級新人王・篠田将人(27=山木)との52・7キロ契約体重8回戦に臨む。1日には東京・文京区の日本ボクシングコミッションで前日計量に臨み、52・5キロでクリア。篠田は52・7キロでパスした。

21年10月に日本、東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック同級王座、22年8月に日本同級王座に挑戦したものの、いずれもベルトをつかむことはできなかった。再起を誓い、身体のメンテナンスを徹底。復活を目指す梶は「スパーリングもギリギリまでこなすことができましたし、久しぶりの減量も順調でした。やはり計量が終わると気持ちがわき立ちますね」と静かに燃えた。

対戦相手の篠田は初8回戦となるが、梶は「相手は勢いがあるが、僕も勢いでは負けていない。明日の興行の中で、見ている方に自分の試合が1番だったと思われるような内容にしたい」と強い決意を示していた。