札幌大会最終日に、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)を率いるIWGP世界ヘビー級王者・内藤哲也(41)が、挑戦者SANADA(36)とダイレクトリマッチの王座戦で激突。24分5秒、スイング式首固めで挑戦者を抑え込み、初防衛に成功した。

内藤は試合後、この日が“日本最終戦”となったオカダへメッセージを送った。内藤は「今日でこのリングを去るオカダ! 凱旋(がいせん)帰国後のオカダの活躍がなければ、オレが挫折することはなかったでしょう。でも、その挫折があったからこそ、たくさん悔しい思いをして、そして悩んで、メキシコに行って『ロス・インゴベルナブレス』に出会えたわけで。そういう意味では、俺はオカダに感謝してるよ」とまずは感謝。

その上で「でもこのリングを離れるんだろ、じゃあさっさといなくなれよ。でもオカダ、またどこかで会おうぜ。カブロン!」と話した。