IBF世界フェザー級1位の阿部麗也(30=KG大和)が世界初挑戦に失敗した。

常に前進しながら両腕を振り回してくる同級王者ルイス・アルベルト・ロペス(30=メキシコ)の変則ボクシングに苦しみ、8回39秒TKO負けした。1回終盤に相手左フックをカウンターでもらい、右目付近が赤黒く大きく腫れるアクシデント。そこでひるんでしまったといい「最後のあの(パンチの)まとめ方とかも正直全く対応できなかったんで完敗ですね」とうなだれた。「会社員ボクサー」としての今後について聞かれると「サラリーマンボクサーでも勝てなきゃ意味ないんで」と明言はせず「こういう経験ができたのはでかいですね。海外で」と敗戦を前向きにとらえようとしていた。