開催2日前に“宮城野部屋ショック”で大きな影響を受けた。25日に行われる奈良・葛城市で行う相撲イベント「けはやまつり」は、宮城野親方(38=元横綱白鵬)がゲスト出演する予定だったが、23日に日本相撲協会の臨時理事会で弟弟子2人による日常的な暴力行為を行った幕内の北青鵬(22)と、弟子の監督責任を怠った同親方への処分が決まった。

この発表を受けて、宮城野親方のイベント参加が急きょ取りやめとなった。親方による相撲教室や部屋の力士たちとの交流は企画の柱だった。部屋の協力があってこそ多くの集客を見込めるイベントだっただけに、担当者は「代替企画は今のところまだ何も決まっていないです」と本音をぽつり。苦しい状況を打開すべく、2日後の本番に向けて準備に奔走していた。