今回は、先日九州場所で初優勝を飾った相撲界の新鋭、貴景勝関の顔パーツを見ていきたいと思います。彼の顔パーツを一言で表すと…「冷静でガンコなワンマン帝王」です。

貴景勝
貴景勝

目鼻口の顔パーツにはそれぞれ下記のような特徴&性質を持つパーツを持っておられます。

◆「切れ長で黒目が鋭い印象の目=ワンマン帝王タイプ」 高い能力と1人でも引っ張っていける圧倒的な力を持ちます。時に我が強い一面が周囲から嫌われる事も。基本的にはひとりが好きなタイプ。経営者やスポーツ選手に多い相でもあります。

◆「平均的でこれと言った特徴のない鼻=冷静沈着な司会者タイプ」 周囲を俯瞰(ふかん)的に見る事ができ、その場に応じて的確な立ち位置を築けるタイプ。非常に論理的でズバリと言い過ぎてしまう面があり、時に相手を傷つけてしまう事もありそう。理屈っぽくなりがち。

◆「アゴが大きめで下唇が前に出ている口=昭和の香り漂う頑固者タイプ」 下唇が出ていると、不満そうで怒っている様に見える事から、周囲からのそういった目線を意識し、自らもそのように強い自分像を形成していきます。そのため、自らの意思や存在を確立させようとする自己意識の強さが頑固さを生みます。しんが強い考え方を持ちますがその反面、一度こうと決めたらそこから違う思想に転換する事は容易ではないのです。悪い癖を一度つけてしまうとそれが取り除きにくくなるタイプでもあります。曲がった考えが大嫌いな昭和のお父さんの様な亭主関白なタイプです。

全体的にまとめると、個人として圧倒的な能力を持つ相と、集団をまとめて率いる事ができる能力の両面を持っています。トップに立つための要素を持っていると言えますが、時にその力が強いが故に、周囲へ冷たく当たってしまったり、頑固な一面から人の意見を聞きたがらなくなってしまったりします。頑固さを自覚し、イエスマンばかりで周囲を固めてしまわない事が、より多くの成功を収める事に繫がりそうです。

周囲を見る目も持っていますので、適材適所に人員を配置し「全て自分でやる」という姿勢を少し控えめにする事で、本当のリーダーに成長していく事ができそうです。能力が非常に高く、頑固さと我の強さを若干控えめにする事で、ズバリ、「横綱になれる相」であると言えます。昨今、日本人横綱が非常に少ない時代ですので、貴景勝関の今後に期待したいですね!

【渡辺孝行】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「顔パーツ占い」)