専科スター水美舞斗と、星組人気スター暁千星が役代わり主演する星組公演「ME AND MY GIRL」が9日、福岡・博多座で開幕した。主人公ビルの恋人サリーは星組トップ娘役の舞空瞳が務める。11月2日まで。

    ◇    ◇    ◇  

4月末に花組から専科へ移って初の舞台出演となる水美は、開幕に先立つ取材で「うれしくて、ワクワクした気持ちと、ちょっぴり不安な気持ち」と言い、暁、舞空との共演には「頼もしい2人」と信頼を置く。水美と初共演の暁は「楽しみながら舞台を作っていきたい」。花組時代に共演経験のある舞空は「水美さんとまた共演させていただけるご縁が夢のよう」と話し、稽古に励んできた。

星組では、8月27日に千秋楽を迎えた前本拠地作を機に、トップ礼真琴が休養に入り、礼と同期の水美が専科から出演し、暁と役代わりで主人公ビル、ジョン卿を演じる。

今作は、1937年にロンドンで初演の大ヒット作。宝塚では87年に剣幸を中心とした月組で初演され、以来、再演が重ねられてきた。1930年代のロンドンを舞台に、下町で育った名門貴族の青年ビルが一人前の紳士に成長するまでを、恋人サリーとの恋物語を絡めて描くコメディー。

水美は花組時代の16年公演でジェラルドなどを演じ、12年入団の暁は月組配属直後に同作を経験している。水美は「すごくハートフルな作品」と言い、コロナ禍も明け「『ランベス・ウオーク』の客席降りも魅力です」。脳内で同曲が「グルグル回っていて…」とも話していた。

暁はビル、ジョン卿の2役に「コメディーの世界観に自分もつかって、子ども心を忘れないように」と気持ちを固めている。

星組人気スター極美慎は女役のジャッキーに挑戦、その恋人ジェラルドは天華えま、お抱え弁護士パーチェスターはひろ香祐がふんしている。【村上久美子】