西武、巨人、オリックスで活躍した清原和博氏(53)が、7月10日に兵庫・甲子園球場で行われる「阪神-巨人」戦のテレビ中継に解説者として出演することが10日、決まった。試合を放送する大阪・カンテレが、ホームページで発表した。

20年6月の執行猶予(覚醒剤取締法違反)明け以降、初のテレビ解説になる。同局は片岡篤史氏(51)とともに出演し「ゲスト解説ではなく、解説者として出ていただく」としている。

清原氏と片岡氏は学年こそ違うが、ともにPL学園出身。片岡氏が清原氏の後輩にあたり、片岡氏のYouTubeチャンネルに清原氏が出演するなど、親交は深く、長い。首位に立つ阪神が、宿敵を迎え撃つ甲子園での伝統の一戦を、さらに盛り上げようと、清原氏の解説者復帰が実現したようだ。

清原氏といえば、長男の慶大・清原正吾内野手(1年=慶応)が神宮デビューして、注目を集めている。