西川きよし(75)が25日、東京・有楽町よみうりホールで、吉本興業110周年感謝祭「西川きよしのコツコツ全国ツアー」の初日公演に出席し、大平サブロー(66)と取材に応じた。

2回公演が行われ、2人は1回目を終え手応えを語った。1回目は、テンダラー、ジャルジャル、和牛、ミキに加え、事務所の垣根を越えて爆笑問題も出演。ネタに加え、きよし、サブローと爆笑問題のトークコーナーもあり、会場には笑いが渦巻いた。

きよしは「舞台はいいねえ」としみじみ話し「いろんな不安を払拭するには、笑うのがいちばん。大いに笑っていただけるよう、小さなことからコツコツと頑張ります」。サブローも「お客様も目がキラキラしているのが分かった。久しぶりの舞台なので、僕は最初はちょっとあがっていたかも。師匠と一緒なので安心感があります」と話した。

来年3月まで愛知、高知、石川、宮城、福岡、広島、大阪をめぐる。きよしは「その土地、その土地でキャッチボールを受けられるようにしたい」、サブローも「全国回るのが楽しみ」と話した。