女優藤山直美(63)が30日、亡き父、藤山寛美さんの三十三回忌追善喜劇特別公演(7月1日~25日)の公開舞台げいこを東京・新橋演舞場で行った。

20年に予定していた没後30年追善公演が新型コロナ感染拡大により中止となり、三十三回忌のタイミングで上演が実現した。「宿題をいただいたような2年間。それが舞台に出ると思うので、心して舞台に立たせていただく」とし、「お客さんに喜んでいただけるのがいちばんの供養」と決意を語った。

演舞場の七月公演は生前の寛美さんの“指定席”とされた特別な場所。舞台を飾る寛美さんの特大パネルを見上げながら「こういう、世の中を明るく楽しくする人って、何年かに1回生まれてくる」としみじみ。昭和の喜劇王と親しまれた父親について「血はつながっているが、親には思えません。藤山寛美という喜劇役者。手の届くような存在ではない」とあらためて尊敬を語った。

父の代表作だった「大阪ぎらい物語」では、20代の問屋の娘を演じる。「40歳さばを読んでいると思う。法律には触れていないが、詐欺みたいなもん」と笑い、「最後は、心のメンタルの部分で感動していただけたら」と語った。