4人組男性歌謡グループ純烈が9日、都内で、グループが主演する特撮映画「スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免」(佛田洋監督、9月1日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。

グループ初主演となった特撮映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」に次ぐ第2弾。酒井一圭は「俳優の酒井一圭です」と自己紹介し、俳優モード全開。作品のみどころについては「今回は白川(裕二郎)さんが主人公で、アクションシーンがたくさんあります。今回は万全な状態で、ちゃんとパンプアップして体も仕上がっているので、白川さんの肉体美が見どころかな」とアピールした。小田井涼平は「見どころしかないので、説明しようがないんですよね」と話した。

同作には歌手八代亜紀が、派手な装飾をした大型トラック(通称デコトラ)を運転する”女トラッカー”役で出演している。八代とのエピソードを問われたが、酒井は「八代さんチームのベテランのメークの女性が好きです」と公開告白し、笑いを誘った。

小田井は、今年末でグループでの活動を終了する。最後に酒井は「私はパート3をやりたいんです。プロデューサーさんに『どうすれば出来ますか?』と聞いたところ、『2の成績がよければすぐ3に入る』という返答でした。ぜひ、劇場に足を運んでいただいて見ていただくと、もう来年は小田井さんはいないので、新しいメンバーとパート3をやりたいですね」と、まだ発表されていない新メンバーとの出演を熱望した。