ABCテレビは26日、同局朝の生情報番組「おはよう朝日です」(月~金曜、午前5時=関西ローカル)でアシスタントを務める澤田有也佳(あやか)アナウンサー(28)が、「顎口腔(がくこうくう)ジストニア」のため、10月3日から当面の間休養すると発表した。復帰は未定。後任のアシスタントは27日の放送で発表する。

この日、澤田アナは、同番組のエンディングで自らも伝えた。

澤田アナによると、昨年の夏ごろから、首と顎の筋肉がうまく動かない違和感があり、今春に病院へ行ったところ「顎口腔ジストニア」と診断された。これまで薬を飲みながら仕事を続けてきたが、「上司らと相談したところ、人生は長い。いったん(仕事を)離れてみてはどうか」と休養のアドバイスを受け、治療に専念することにしたという。

「顎口腔ジストニア」は、自分の意思に反して筋肉が収縮したり硬直が起きたりする神経の疾患。口と顎のジストニアには「口が開かない」「無意識に口を閉じてしまう」などの症状がある。

詳しい原因は不明だが、ストレスや外傷などがきっかけとなって起こるとされている。長時間にわたって口や顎に緊張した状態が続くためか、アナウンサー、楽器演奏者ら、長時間口や顎を使う職業の人が発症するケースもあるとされる。

澤田アナは16年入社。東大在学中にはミス東大に選ばれた。澤田アナは「その他に関しては心身ともに元気で問題ない」とし、番組でも「症状が落ち着いて、また戻ってこられたら」と話していた。