ロックバンドBUCK-TICKのボーカル櫻井敦司(さくらい・あつし)さんが、脳幹出血のため19日午後11時9分、亡くなった。57歳。24日、バンドの公式サイトで発表された。

櫻井さんは芥川賞作家の遠野遥さんの実の父としても知られる。長男の遠野さんは19年に作家デビューし、20年「破局」で第163回芥川賞を受賞。同年の文芸誌の対談でお互いが親子であることを公表した。

遠野さんが1歳のころ櫻井が離婚し、共に過ごした時期は長くはなかったが、対談では「遠野先生」「櫻井さん」と呼び合いながら、お互いの創作活動に敬意と愛着を示していた。

櫻井さんは19日に開催された神奈川・KT Zepp Yokohamaでの公演中に体調不良に見舞われて救急搬送され、公演を中断。翌20日に予定されていた神奈川公演を中止していた。

【関連記事】BUCK-TICK櫻井敦司さん死去 脳幹出血「57歳というあまりに早すぎる旅立ち」発表全文