ミュージシャンGACKT(50)が22日、X(旧ツイッター)を更新。若者へのメッセージをつづった。

GACKTは「若者へ」と切りだし「老後に向けて2000万貯めたり、投資するのは大事な考えだが、20代の内から老後だけを考え“今”を犠牲にする必要は無い」と指摘。「若いからこそ行ける場所、着れる服、遊べる友達、付き合える恋人。色々ある。カネをかけずに世界中を旅することだってできる。若いからこそ、受け取れる刺激。そこから仕事の活力や、アイデアを受け、自分のビジネスの確立に繋がることも沢山ある」と記述し「その年齢だから味わえる感覚をくるかも分からない老後のためにすべて犠牲にするのはナンセンスだ」と訴えた。

加えて「大いに遊び、本気で仕事しろ。そうすれば見えてくるものがある。結果、カネも貯まる。浪費を無くして中途半端に仕事をするだけじゃ、大したものは残らない」とし「今を楽しめないヤツは、老後はもっと楽しくない」と投稿を締めくくった。