親子お笑いコンビ、完熟フレッシュの池田57CRAZY(48)が、23日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。娘池田レイラ(18)のグラビア挑戦に批判的な声にコメントした。

レイラは19日発売の「週刊プレイボーイ」で初の水着グラビアに挑戦。自身のインスタグラムで掲載を告知すると、「なんか複雑」「お父さんはどんな心境だろ」などとコメントが寄せられていた。

父の池田は「今回のグラビアに関して、悲しいや親としてのどうなの? と言う批判的な声が多かった様なので、自分の意見を少しだけ書かせて頂きたいと思います」とポストし、見解を記した。

自身は元スポーツジムトレーナーで「トレーニングや食事管理をして、美しくなったり理想の自分に近づいたりした方は、その姿を人に見てもらったり、評価をして欲しくなる方が多かったと思います。それは勿論自信が付いたと言うのもあるのでしょうが、おそらくそこまで頑張った努力を人に知ってもらいたいと言う感情だと思います」と説明した。

娘のレイラも、思春期になった頃から運動や食事管理などボディメークに取り組んでいたとし「やった事のないダンスも3年間頑張ってましたし、ダンスの見映えや衣装映えの為に、食事やトレーニングを本当に良く頑張ってました。その努力の結晶を人に見てもらいと思うのは、おかしな事でしょうかね? 序盤にも書きましたが自分は元トレーナーをしてたので、それはおかしな事だとは思いません」。また「若さや若さならではの美しくさは、今この瞬間しかない物と思います」(原文ママ)とし、「それをプロのカメラマンさんに美しい映像として残してもらえると言う事は、本当に有難い事だと思います」と記した。

レイラのグラビア挑戦には「大賛成でした」といい、「本人は絶対辞めろと言われると思ってたらしく、自分が賛成した事にはビックリしてましたが(笑) そして今回のグラビアで週プレさんから声を掛けて頂いた時は、凄く嬉しかったですし、親子で喜んだものです」と父としての心境をつづった。

そして「今回レイラがグラビアに出た事を喜んでくれる方も沢山いらっしゃいますが、この記事に載ってた様に、批判的な御意見の方も沢山いらっしゃったみたいなので、ここに父としての思いを書かせて頂きました」と改めて説明。最後は「あっニーズと準備期間3ヶ月位貰えるなら、57ならヘアヌードでもいけますよ~」とジョークで結んだ。