中居正広(50)と嵐二宮和也(40)が25日、MCを務めるフジテレビ系「だれかtoなかい」(日曜午後9時)に出演した。

同番組は4日、ダウンタウン松本人志(60)の活動休止に伴い、タイトルを「まつもtoなかい」から「だれかtoなかい」にリニューアル。中居とタッグを組む二宮は、レギュラーMCとなって3度目の放送を迎えた。

番組のオープニングトークで、中居は二宮に「俺は忘れないからな。オンエアみたよ」と切りだした。過去の放送の中で、二宮が「中居さんがお芝居やってた頃って…」と口にすると、中居は「お芝居“やってた”頃って、何、俺もう辞めたと思ってるの?」と指摘していた。

中居は「俺、あーいうの忘れないから。俺は全然諦めてないから」といい「日曜劇場も諦めてないから」と、TBS系ドラマ日曜劇場の出演者のものまねかのような、にらみを利かせた表情で語った。二宮は「あーだめだめ。いろんな人に迷惑がかかる。いろんな人がでてくる」といい「逆にですよ。『ドラマ出たい』という気持ちがある?」と重ねた。中居は「どういうこと? お前それもよくない」と笑い「それで出たい気持ちがあると、俺があるって言ったらあるにも関わらず、出られてないんだなってなるわけじゃんか。中居さんは『あるにもかかわらずドラマに出てないんだな』ってなる」と再び渋い表情を浮かべて話した。続けて「俺こういうのもやるから」と笑い、トークを締めくくった。