明石家さんま(68)が27日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜午後8時)にMCとして出演。

他局の名物キャラクター「さんまのまんま」の「まんまちゃん」について言及する場面があった。

この日の企画はアルバイトの苦労話で、VTRでは「バイトで身に着いたちょっとした特技」が紹介された。着ぐるみに入ってたから、子どもを喜ばせられるような大きな動きができるようになった、という再現VTRが流された。

それを受け、さんまは「あの動きはすごく大事で。『さんまのまんま』という番組の『まんまちゃん』、あれは日本でかなり有名な、動きが面白いって言われてて。いろいろ相談も来るみたいなんです」と打ち明けつつも「たまに『しんどい』って言ってますけどね」と暴露しスタジオを沸かせた。

「まんまちゃん」はフジテレビ系カンテレ制作の「さんまのまんま」に登場するマスコットキャラクター。着ぐるみの犬型宇宙怪獣だという。性別はオス、身長約170センチ、体色はオレンジ色で、垂れた耳と手足、鼻の部分がこげ茶色。眠たげな目と大きなおなか、赤いデベソが特長。当然、「中の人」がいる。