タカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校110期生39人の卒業式が1日、兵庫県宝塚市の同校で行われた。

式典は国歌斉唱に始まり、中西達也校長が式辞を述べ、歌劇団と音楽学校を兼任する村上浩爾理事長が祝辞に立った。

村上理事長は祝辞の中で「昨年秋に痛ましいことが起き、大変ご迷惑をおかけした」と、昨年秋に宙組団員が急死した事態に触れた。

その後「しっかりと改善、改革に取り組んでいきたい。安心して皆さんが舞台に立つことができるように、取り組んでいきたいと考えております。すでに昨年から公演スケジュールの緩和ですとか、新人公演のあり方、見直しに着手しております」と、卒業生39人を迎え入れる劇団の現況を説明した。

そして「これにとどまることなく、時代に合わないことや組織風土を見直していきたい。つい先日も内部通報窓口を設置しました。しっかりと説明するまで、もう少し時間をちょうだいすることに、ご理解とご協力を頂きたい」と続けた。

村上理事長に先立って、中西校長も式辞で「昨年秋、歌劇団で心痛める事態が発生しました」と触れ、その上で「皆さん、集中できない状態でしたが、日々研さんを重ね、2月の文化祭は充実したものでした」とねぎらう場面があった。

卒業生総代の田良結芽(たら・ゆめ)さん(山口市)は「清く正しく美しく。小林一三先生の教えを深く心に刻み、誇り高き宝塚歌劇団の生徒として精進して参ります」。初舞台へ向けては「鳥のように大きく羽ばたく姿をご覧に入れられますよう努めて参ります」と決意を語った。

110期生は同日午後以降、宝塚歌劇団で入団式に臨み、劇団へ入団。3月30日に宝塚大劇場で開幕する月組公演で初舞台を踏む。