元テレビ東京アナウンサーでタレント森香澄(28)が1日放送のテレビ朝日系「あざとくて何が悪いの?」(木曜深夜0時45分)にゲスト出演。男性のグッとくるしぐさについて明かした。

白のノースリーブ型の肩出しドレスに白のカチューシャを合わせた姿で登場し「お付き合いしている方だったら、じっと見つめられて、(自分の)前髪をサラッと払われるのが好きなんですよ」と打ち明けた。

さらに食事での作法についても明かした。「『あ~ん』はやらないけど、『食べる?』はやりがち。私が食べているやつを『おいしいよ、食べる?』って刺したフォークを手に渡す」と語った。

さらに食事中の「『足ちょんちょん』はいいですよ」と笑顔で話し「たま~にね。でも2人のときはしないです。大人数のとき…」と言うと、ゲスト出演の相席スタート山添寛が「え~」と絶句。「絶対BAD。何でそんなことするんですか」と聞かれ「周りに分かんないボディタッチって足しかなくないですか?」と語った。しかめっ面の山添から「そっちの方にもっていってくれるわけですか? 最後まで面倒見てくれんの? 面倒見いひんけど、テーブルの下で『足ちょんちょん』は違法ですよ」とツッコミが入った。

森は昨年3月にテレビ東京を退社。翌4月からインフルエンサーが多数所属する芸能事務所「seju」入り。昨年12月発売の雑誌「anan」で表紙を務め、先月28日には初写真集「すのかすみ。」が発売されるなど、勢いに乗っている。