俳優谷原章介(51)が、1日放送の「A-Studio+」(金曜午後11時)に出演。仲の良い俳優伊藤淳史(40)に仕掛けたいたずらについて語った。

先輩後輩の間柄ながら、伊藤とは気の置けない友人関係を築いているという。ある時は「横浜で飲んでたら『章ちゃんどこいるの? 一緒に飲もうよ』みたいな」と伊藤から誘いが。「『どこいるの? って聞いたら『世田谷』って言うんです。ふざけんなよ、10時半ですよ?」と苦笑した。それでも伊藤からの連絡は絶えず「『待ってる』『来てね』『いつ着くの?』ってずっと送ってくる。しょうがないから、タクシー乗って行きましたよ」と最終的には自分が折れたと笑った。

さらに谷原は「伊藤いじりは面白いんです」と楽しげ。自身が出演する朝の情報番組の生放送中、伊藤から連絡が来たといい「しかも嫌な感じで送ってくる。『今のオープニングトーク、スベったね』みたいな」。また「僕もやり返さないといけないので、文面だけはCMの合間に用意しておいて、僕が映ってる時あるじゃないですか。その時伊藤は絶対返事出してこられないと思うじゃないですか。だからパッて(映像が)変わった瞬間にポンと送信を押すんです。そうすると『ええ!?』ってなる」と伊藤のリアクションがたまらない様子で語った。

谷原は「それはもちろんふざけてる時の放送ですよ!真面目な事件報道の時にやってるわけじゃないですからね、本当に」と強調して笑いを誘った。