お笑いコンビ・ブラックマヨネーズ吉田敬(50)が、2日放送の読売テレビ「あさパラS」(土曜午前9時25分)に生出演。吉本興業を契約解除となり、コンビを解散した元「プラス・マイナス」の岩橋良昌(45)について言及した。

岩橋はXに「パワハラを受けた」「俳優にエアガンで撃たれた」などと投稿。2月21日に吉本興業から活動停止の通達を受けた。SNSの投稿やコメントも、やめるように言われていたものの、Xへの投稿を続け、翌22日に吉本興業が契約解除を発表。兼光タカシ(45)とのコンビも解散となった。

その後、岩橋は同28日に自身のYouTubeにて「非常に今、反省しております。申し訳ございません」と謝罪し、今後は1人で活動していくことを明かしていた。

MCのハイヒール・リンゴ(62)から「(経緯を)知ってた?」と問われ、吉田は「全く知らなかったです」と驚いた様子。続けて「あいつの(Xでの)つぶやきを見ていると、忙し過ぎたのかなっていうのはちょっと思いましたね。11ステ(1日11回ステージに出演)とか言っていたんで…」と、岩橋が多忙な状況でストレスを抱えていた可能性に触れた。

自身も40代の頃に、同じように多忙なスケジュールに追われていたことを振り返り、「過酷じゃないですか。それがしんどくて…寝不足でもあったやろうし」と岩橋を思いやると、「ちょっと休んだら、ひょっとしたらまた心変わりみたいなのもあるのかなとも思う」と話した。

リンゴも「ゆっくり休んだほうがいいよね。みんな思ってる」とうなずき、「吉本は休養して戻ってくる人、多いからね。そこのところは懐の広い会社やと思っているので、それはやっていただきたい」と語っていた。