モデルでタレントのみちょぱこと池田美優(25)が、3日放送のニッポン放送「#みちょパラ」(日曜午後10時30分)に出演。あばら骨を骨折していることを明かした。

池田はオープニングで「最近の私はですね、ただ今、あばらを骨折中でして」と切り出すと、「前回の『みちょパラ』の収録の時も絶賛せきが止まらない状況の時で。2月の序盤くらいからせきが謎に止まらなくて」と症状を報告した。

眠ることができないほどせきが続いていたところ、ある日あばら痛が。「調べると、あるあるらしくて、せきとかくしゃみが止まらなくてヒビが入るのとか。それを見て『やったな多分』と思って、次の日すぐ病院行ったら『やってる』ってなって」と骨折と診断されたと苦笑した。

診断から10日ほど経過し、現在せきは止まったものの「折れてからも3、4日はせきが止まらなかったから、痛くて痛くて。せきするたびに骨ズレるんじゃないかレベルで痛くて」。右のあばら骨を骨折したため、楽な姿勢も限られ「普段じゅうたんの上でゴロゴロしながら、ケータイいじりながらNetflix見たりするのが好きだったんですけど、それさえもできずに、もう痛くて痛くて。今は猫背の状態が一番楽というか、姿勢がすごい悪くなる一方」と語った。

また「ジムももちろん行けないし、バストバンドも巻いてるけどそれをしてるせいか、おなかも空かない。体重も折れてから1週間で1・5キロくらい減っちゃって」とがっくり。「かまってちゃんとかじゃなくて、本当にしんどいんだな」と吐露した。

池田は年始にも胃腸炎を経験しており「1月に胃腸炎やって、2月に骨折? ついてないね~!ヤバいんじゃない? 私」と自虐モード。「月1ごとに何かあるかもしれない。25歳なのに、まだ。体も若いはずなんだけどな」とため息をついていた。