弁護士の紀藤正樹氏が、3日までにX(旧ツイッター)を更新。職業差別ともとられる発言をしたと報じられ、辞意を表明した静岡県の川勝平太知事について言及した。

川勝氏をめぐっては、県の新規採用職員への訓示で「県庁はシンクタンク。毎日毎日、野菜を売ったり、牛の世話をしたり、ものをつくったりとかと違い、皆さまは頭脳、知性の高い人たち」と発言したことで職業差別との批判が殺到していたが、2日、記者団の取材に対し「6月の議会をもってこの職を辞そうと思う」と辞意を示した。

また、自身の発言については「野菜や酪農に関わる仕事をしている人たちと『職種が違う』ということを言っただけ」と説明し、職業差別の意図を否定。「(発言の)一部だけ取れば、職業差別に落とし込むというふうなことができる発言だったかもしれません。そういう形で報道された」などと話した。

紀藤氏は「失言報道を一部マスコミのせいにして真摯(しんし)な謝罪しないままに辞職するのはかえって暴言吐かれた側に失礼で無責任」と批判。「辞職してみそぎ選挙をする気なんでしょうか。知事の次の動向が気になる」とつづった。