土曜中山メインの秋華賞トライアル紫苑S(G3、芝2000メートル、10日、3着までに優先出走権)で、ニシノラブウインク(牝3、小手川)が先行力を見せつける。

前走のオークス(8着)は積極果敢な逃げを打って、残り100メートル手前までは先頭をキープした。距離短縮で不気味さが増してくる。小手川師は「オークスでは強気の競馬ができた。春の時点での力は出し切れた。体はそこまで変わっていないが、気性面では落ち着きが出て調教もやりやすい」と精神面の成長を強調する。