仙台育英完敗も「全員野球」貫徹 最後まで全力疾走

  • FacebookMessenger
  • TL

<全国高校野球選手権:浦和学院9-0仙台育英>◇12日◇2回戦

 東北勢最後の登場となった仙台育英(宮城)が、浦和学院(南埼玉)に0-9で4安打完封負けした。今年1月から就任した同校OBの須江航監督(35)が、記録員でベンチ入りした01年以来17年ぶりの初戦敗退を喫した。昨年12月に元部員らの飲酒喫煙が発覚。今年1月に受けた半年間の対外試合禁止処分を乗り越えてつかんだ甲子園切符だった。勝利こそつかめなかったが、信念を持って掲げてきた「全員野球」は見せつけた。

このニュースの写真

  • ベンチからサインを送る須江監督
  • 浦和学院対仙台育英 3回表1死三塁、ピンチを招き、マウンドに集まって円陣を組む仙台育英ナイン(撮影・前田充)
前へ 1 2 次へ
  • FacebookMessenger
  • TL