横浜高新監督にOBの村田浩明氏就任「随分悩んだ」

  • 野球部の新体制を発表した横浜。写真左から、関根コーチ、高山ヘッドコーチ、村田監督、館山副部長、葛蔵部長(撮影・保坂淑子)
  • 野球部の新体制を発表した横浜。写真左から、関根コーチ、村田監督、高山ヘッド(撮影・保坂淑子)

横浜(神奈川)は、野球部の監督として1日付けで同校OBの村田浩明氏(33)の就任を発表した。記者会見で村田新監督は「歴史と伝統のある学校で指導をさせてもらえる。大役ですが母校のために一生懸命頑張りたい。この3年生が甲子園に行って、いい形で横浜高校でよかったと思えるように導いていきたい」と抱負を語った。

名門・横浜の火を消さない。横浜は昨年19年9月、当時の指導陣による部員への暴言や暴力行為が発覚し解任。コーチを務めていた高山大輝氏を監督代行に据え、新年度からの後任を検討していた。村田新監督は「打診を受けた時は随分悩みました。しかし、母校が窮地に立っている。陰ながら力になりたいと思った」と胸のうちを明かした。この3月まで神奈川県立の白山高で監督を務め、その転勤の時期も重なり「人生は1度きり。挑戦してみようと引き受けました」と新たな挑戦を決意した。

村田新監督は横浜の正捕手として03年センバツで涌井秀章投手(現楽天)とバッテリーを組み、準優勝。3年では主将を務め夏の甲子園8強入りを果たした。その後、日体大へ進学し卒業後は霧が丘(神奈川)に赴任。野球部部長として4年、白山では7年間、監督を務めた。18年には創部43年目にして初のベスト8へ導くなど、その指導には県内でも定評がある。「主役は選手です。私も横浜で人生を変えてもらいました。今の自分があるのは横浜のおかげ。数ある高校の中から横浜を選んできてくれた子供たちと向き合って、高めていければと思います」と早くも熱血指導ぶりをのぞかせた。

なお、野球部部長には葛(かつら)蔵造校長、副部長に館山和央教頭、ヘッドコーチには昨年9月から監督代行を務めていた高山大輝氏。また、村田新監督とともに白山でコーチを務めていた関根剛氏をコーチとして迎え入れたことも発表。新体制で新たな横浜の歴史をつくる。【保坂淑子】