イチロー先生Tシャツ「鈴木・智弁和歌山」デザイン

  • 智弁和歌山の練習でキャッチボールする選手を見つめるイチロー氏(代表撮影)
  • 17年、「肉」Tシャツでキャンプ施設入りするイチロー
  • 17年、人の金で焼き肉が食べたい」と書かれたTシャツを姿でキャンプ地に入るイチロー
  • 17年、「キュン」と書かれたTシャツを着てキャンプ地に入るイチロー
  • 17年、「かめはめ波 撃てます。」と書かれたTシャツを着てキャンプの施設に入るイチロー
  • 17年、「明日から本気だす」と書かれたTシャツでキャンプ地の施設に入るイチロー

イチロー先生に感激! 昨年に引退、現在はマリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が4日、智弁和歌山(和歌山市)の野球部で“アマ初指導”を行った。走塁などで持論を展開した後には現役時代に天才ヒットマンの異名を取ったフリー打撃を披露。生徒らを感激させた。

   ◇   ◇   ◇

イチロー氏がこの日着用していたTシャツには、自身がつくった草野球チーム「KOBE CHIBEN」のロゴが入っていた。鈴木の「す」と智弁和歌山の「C」がデザインされている。同氏は、ほっともっと神戸で行われた高校野球の秋季大会を観戦した際に、同校応援団のブラスバンドに感激したことをきっかけに「大ファン」になった。