大谷「アウトも比較的悪くない」今季14度目マルチ

<ブルージェイズ6-11エンゼルス>◇19日(日本時間20日)◇ロジャーズセンター

【トロント(カナダ・オンタリオ州)19日(日本時間20日)=斎藤庸裕】エンゼルス大谷翔平投手(24)が、今季14度目のマルチ安打をマークし、打撃好調をキープした。

ブルージェイズ戦に「3番DH」で出場し、6打数2安打。「アウトも比較的、悪くはなかったので、いい打席が多い」と手応えを口にした。中でも6回の第4打席で放った左翼へのライナー性の二塁打は「いい打球だったと思う」と好感触だった。

6月に入って二塁打はこれで4本目。11日に7号ソロを放った際、「打ち損じても間を抜ける二塁打になってくれるくらいの(ボールの)捉え方はもう少し上がる余地はある」と話したように、二塁打を打つことを基本の打撃スタイルとする。調子のバロメーターの1つでもあり、徐々に本数が増え始めたことは打撃好調の証しと言える。

走塁でも1回、2死一塁から今季3個目の盗塁を決めた。2回の第2打席では一塁へのゴロで内野安打。高いバウンドで弾み、快足で楽々セーフとした。「体は動いてきているかなと思う。復帰当初に比べると、一塁までもいいタイムが出ていると思いますし、二塁までも(スライディングで)滑るまでいいタイムが出ているんじゃないかなと」。5月7日に打者復帰してから6週間。状態は確実に上がっている。

とはいえ、この日は2発7打点のトラウトの活躍が目立った。大谷は「いいんじゃないですか。チームにとって最高の結果じゃないかなと思うので、前で伸び伸び打って、その陰に隠れていいと思います」と笑った。貯金1として波に乗ってきたチームとともに、大谷の表情も明るかった。

◆走塁メモ ホームから一塁到達タイムが4秒を切ればメジャーでも走塁エリートと呼ばれ、大谷も昨年3秒99のタイムを出し話題となった。この日は2回の内野安打、6回の二塁打で俊足を発揮し、本紙がテレビ映像からストップウオッチで計ったところ3秒8前後で、誤差を考慮しても4秒は確実に切っていると思われる。また大谷の二塁到達タイムは昨季7秒94を出しているが、この日の二塁打は本紙計測では7秒台前半だった。

その他の写真

  • ブルージェイズ対エンゼルス 6回表エンゼルス2死、左へ二塁打を放つエンゼルス大谷(撮影・菅敏)
  • ブルージェイズ対エンゼルス 2回表エンゼルス2死、一塁へ打球を放ち、投手サンチェスと競うように駆け込み内野安打とするエンゼルス大谷(撮影・菅敏)