レッズ秋山翔吾、紅白戦「1番DH」でマルチ安打

レッズ秋山翔吾外野手が紅白戦(7回制)に「1番DH」で出場し、4打数2安打1打点とマルチ安打をマークした。

昨季15勝の右腕カスティーヨ相手の第1打席は、遊撃へのハーフライナーを放ち、失策を誘った。第2打席は、一、二塁間への内野安打。4回裏1死満塁で迎えた第3打席は、左腕ギャレットからライナーで中前へ抜ける適時打を放ち、1打点を挙げた。救援右腕ストロップと対戦した第4打席は、空振り三振だった。

ベル監督は、これまでに「彼はプロフェッショナル。経験もスキルもある」と話すなど、全幅の信頼を寄せている。