レッズ秋山、逆転につながる1安打「始動早めて」

  • インディアンス戦の6回、左前打を放ち、コーチ(右)とタッチを交わすレッズ秋山(共同)
  • ベンチから試合を見守る秋山(ロイター)

<レッズ3-2インディアンス>◇3日(日本時間4日)◇グレートアメリカン・ボールパーク

レッズ秋山翔吾外野手(32)が「1番中堅」でスタメン出場し、4打数1安打だった。

第1打席は二ゴロ。

第2打席は中飛。

1-2とリードされた6回、先頭として迎えた第3打席は、鮮やかな左前打で出塁。盗塁を警戒され、4連続を含む6回のけん制を受けた末、2番ボットの逆転2ランを呼び込んだ。

第4打席は空振り三振。

レッズは3連勝で、勝率5割に復帰した。

試合後は、オンライン会見に応じ、逆転につなげた安打について「きれいに狙った通りで打てたわけではないですけど、始動のタイミングを早めて打ちました」と、過去2打席から工夫したことを明かした。

早くも今季3勝目を挙げた先発グレイは、「これはチーム全体の勝利」と、チームの上昇気配に手応えを感じ取っていた。