楽天内田「打率最低2割5分」個人グッズ準備も順調

楽天の「ゴリラ」こと内田靖人内野手(23)が、レギュラー定着へ覚悟をにじませた。17日、銀次らとともに沖縄県内でトレーニング。昨季は初の2ケタ12本塁打と持ち前のパワーの片りんをのぞかせた一方、打率1割9分8厘と課題も出た。「今年、20本、30本と伸ばしていけたら。打率も最低2割5分以上は打ちたい。そう(レギュラーに)ならないといけない年だと思う。死にものぐるいでやりたい」と語気を強めた。

185センチ、86キロの重厚感あふれる体格。一、三塁を争う「ゴリ」こと今江年晶とのニックネームのニアミスをものともせず「ゴリラ」の愛称がチーム内で着々と浸透している。生え抜き和製大砲候補として期待を込める球団も“ゴリラ色”を前面に押し出した個人グッズ発売に向け、水面下で作業を進めているもよう。本人は「期待してもらっていると思うので(発売したら)あとは売れるように僕が活躍するしかない」と早くも胸をたたいた。

このニュースの写真

  • チーム内で「ゴリラ」の愛称で親しまれる内田の個人グッズイメージ画像
  • 沖縄の海をバッグに写真を撮る、左から銀次、卓丸、足立、釜田、内田