中日小笠原2軍監督、ベッドから落ち「眼窩底骨折」

中日小笠原道大2軍監督(45)が7日夜に沖縄・読谷村内のホテルの自室で転倒し、顔面を強打したことが8日、分かった。

負傷直後に病院で額を縫うなどの処置を取り、この日、病院で検査を受けたところ「右眼窩(がんか)底の骨折」と診断された。視力や脳に異常はなかった。読谷の2軍キャンプに戻った同監督は「情けないんだけどベッドからバランスを崩して落ちた時に下(床)が硬いので、打ち所が悪かった」と説明した。この日の練習は不参加だったが、指導に問題はない模様で、9日の練習には参加する予定。