オリックス初ものずくめのアーチ乱舞に西村監督喜ぶ

<オリックス8-6楽天>◇10日◇ほっともっと神戸

オリックスが、初ものずくめのアーチ乱舞だ。

11日の試合後に行われる「神戸大花火大会」の前夜祭とばかりに、ほっともっと神戸で今季最多4発の花火を打ち上げた。まずは主砲吉田正が2-2の3回に決勝の7号2ラン。「内角を振り抜けた」。9試合ぶりの1発は、自身にとって“令和初アーチ”でもあった。

打撃不振で2軍落ちも経験したT-岡田はようやく今季初本塁打、初打点だ。2点リードの4回、1死から美馬のシュートを中堅右へ。ここまでを「長かったですね」と笑顔で振り返った。

主軸2人に負けじと若手も奮闘した。5回にドラフト7位の新人中川がプロ初アーチ。「ベースを1周して、ホームを踏むまで一瞬でした」と初々しい。出身のPL学園野球部は活動を休止しており、中川は“最後のPL戦士”とも呼ばれる。母校の存在感を示すためにも活躍を狙う。

とどめは6回、2年目の西浦だ。1点差に迫られた直後にこちらもプロ初本塁打の2ラン。「とてもうれしいです。ボールは両親にあげたい」とガッツポーズ。4人がお立ち台に並び、西村監督も「本塁打はチームにとってとても大きい」と、チーム打率2割2分3厘で12球団ワーストの打線の爆発を喜んだ。【高垣誠】

その他の写真

  • オリックス対楽天 9回、選手交代を告げるオリックス西村監督(撮影・前田充)