日本ハム栗山監督らが北大病院で子どもらに優勝誓う

日本ハム栗山英樹監督(58)らが13日、札幌市内にある北大病院内の「ひまわり分校」を訪問した。

07年から始まった交流は今回で13年目を迎えた。

中島卓也内野手(28)大田泰示外野手(28)西川遥輝外野手(27)近藤健介外野手(25)上沢直之投手(25)も参加し、病と闘う子どもたちとキャッチボールや記念撮影などを通してふれあった。子どもたちから「僕たちも治療を頑張るので、優勝を目指して頑張ってください」とエールを送られた栗山監督は、笑顔で「僕らも頑張ります」と優勝を約束。「我々がユニホームを着る意味を教えてくれる日。久しぶりに勝ち負けを忘れて、いい時間を過ごせました」と英気も養っていた。

その他の写真

  • 北海道大学病院内にあるひまわり分校に通う児童や生徒たちとその家族と記念撮影に応じる左から日本ハム上沢、近藤、栗山監督、西川、中島、大田(撮影・佐藤翔太)
  • 北海道大学病院内にあるひまわり分校に通う児童や生徒たちとキャッチボールをする日本ハム中島とそれを見つめる西川と上沢(撮影・佐藤翔太)