阪神秋山、5回5失点で降板「チームに申し訳ない」

<阪神1-5広島>◇19日◇甲子園

阪神先発の秋山拓巳投手(28)が5回9安打5失点でマウンドを降りた。初回に3連打を浴び、2点を失うと、その後も流れを断ち切ることはできず、広島打線につかまった。

「勝負球が甘くなり、常にランナーを背負う苦しい投球となってしまいました。初回から失点を重ねて、追いかける展開を作ってしまい、チームに申し訳ないです」

秋山は7日ヤクルト戦(神宮)以来、中11日での先発マウンドだったが結果を残すことはできなかった。

阪神打線も広島先発のアドゥワを相手に5回まで無得点で、秋山を援護できなかった。

その他の写真

  • 阪神対広島 阪神先発の秋山拓巳(撮影・上山淳一)
  • 阪神対広島 4回表広島2死一塁、秋山は菊池涼に右越え適時三塁打を打たれ失点する(撮影・加藤哉)