ロッテ・レアード2打席連発、三木にすし食べさせた

<ロッテ5-10楽天>◇19日◇ZOZOマリン

ロッテ・ブランドン・レアード内野手(31)が2打席連続本塁打となる16号ソロを放った。

同点の5回2死、楽天2番手の森原の初球。151キロの直球を左翼席へ運んだ。ベンチに戻ると恒例の魚を釣って、さばいて、すしを握って、三木に食べさせるパフォーマンスを披露し「三木がおなかを空かしているという情報を得ていたので、もう1貫握ってあげたよ。幕張スシ、さいGO!(さあ、行こう、最高)」。本拠地ZOZOマリンでは早くも10本目のアーチとなった。

3回2死一塁では、楽天先発福井の140キロの直球を左翼席は運ぶ2ランを放っていた。

その他の写真

  • ロッテ対楽天 5回裏ロッテ2死、勝ち越し本塁打を放つレアード(撮影・中島郁夫)