ヤクルト小川「上原さんの分も」投げて走って奮闘を

巨人上原浩治投手と6年連続で自主トレを行っていたヤクルト小川泰弘投手は、感謝の気持ちを口にした。

19日に本人から電話で直接報告を受け「頑張れよ。見ているから」とエールを送られた。練習をともにする中で「地道にコツコツ、ぶれずに努力を積み重ねること」の大事さを学んだという。「一緒に過ごせた時間は宝。上原さんの分もじゃないけど、たくさん投げてたくさん走って、頑張りたい」と話した。