ソフトバンク工藤監督「もっと投げられた」涼し完投

ソフトバンク35歳のベテラン川島慶三内野手が打撃投手を買って出た。

この日は那覇市内の室内練習場で若手が打撃練習。打撃投手、ブルペン捕手らが休養したこともあり、工藤監督と2人で約15分を完投した。川島は「僕が投げたかった。投げるとすごく汗が出るので」といい練習となったようだ。同じく完投した工藤監督は「スタッフを休ませてあげられるのならそれが一番。もっと投げられたよ」と通算224勝の56歳左腕は元気いっぱいだった。

その他の写真

  • 打撃投手を務めた工藤監督(撮影・梅根麻紀)