近大、主砲連続弾で逆転勝ち Vへ望みの勝ち点4

<関西学生野球:近大6-4関大>◇最終節2回戦◇26日◇わかさスタジアム京都

近大が主砲2人の連続アーチで最終戦に逆転勝ち。勝ち点4で終えた。

1-3の4回、先頭の谷川刀麻外野手(4年=星稜)が右越えに今季2号ソロ。リーグ通算5本目。続く4番の佐藤輝明内野手(3年=仁川学院)は打った瞬間に柵越えと分かる放物線を右越えに描き、追いついた。今季2号でリーグ通算9本目。

同点の6回に1死満塁から井町大生捕手(3年=履正社)の左越え二塁打で2点を勝ち越した。

谷川は最終戦で2安打したが、打率3割にわずかに届かなかった。プロ入りを目指す主将は「今季はマークされていると思った。結果を出さないといけないと空回りしてしまった。長打力は確実についてきていると思う」とさらなるレベルアップに意欲を見せた。

来年のドラフト注目株になる大砲佐藤は「ちょっと狙っていました。1発打てば同点だし、2者連続本塁打なら盛り上がると思って」と納得の表情。ただ、2本塁打に終わったリーグ戦を振り返り「物足りない。悔しいです。立命大戦で打てなかったら優勝は厳しい。フォームを崩してしまった。波を少ないようにと思っていたが、今季はそれができなかった。(前節から空いた)2週間で戻せたと思う」と反省した。