死球退場の田嶋「報復ではない。内角を攻めた結果」

<西武11-4オリックス>◇13日◇メットライフドーム

オリックスは両チームで退場者3人が出る壮絶な戦いに敗れ、3連敗を喫した。

1-5の4回2死満塁。若月が森脇からこの試合3個目の死球をぶつけられ、一塁コーチの佐竹外野守備走塁コーチが森脇に駆け寄り、両手で胸を突き飛ばした。これをゴングに両軍が入り乱れて小突き合い、最初に暴力行為を働いた同コーチに退場が宣告された。この日だけで4死球。西武には19試合で18死球をぶつけられており、西村監督は「ちょっと当てられすぎというところですね」と険しい表情だった。

さらに警告試合を宣告された直後、4回2死一、二塁では先発田嶋の直球が西武森の右肘付近を直撃。報復行為とみなされて、退場となった。田嶋大樹投手は「あれは報復死球ではないです。内角を攻めた結果。勝負の世界なので、いくところはいかないと。当たってしまったことは申し訳ない」と弁明した。

4日の対戦でも西武から2死球をぶつけられ、乱闘寸前のもみ合いになった。そんな中、初回に福田、3回は後藤が死球を食らい、両軍がベンチから飛び出す一触即発の伏線があった。今後の対応について指揮官は「まだ球団とも話していないし、ここで話をできることはありません」と怒りをにじませ、こらえた。試合は4-11で大敗。「初回が全て。5失点が最後まで響いてしまった」。すべてに後味の悪さが残った。【古財稜明】

▽オリックス佐竹外野守備走塁コーチ(西武森脇への暴力行為で退場)「どついてしまったことは申し訳ない。あれだけ当てられている中で、選手も守らないと。ケガをされては困るので」

その他の写真

  • オリックス佐竹コーチ(中央)が西武森脇を両手で突いて退場処分となる(撮影・鈴木みどり)